Blog

アメリカよりライフコーチ、リタが届ける:弱い理由/動機

更新日:

 

みんな幸せについて、いろいろな意見、定義を持っている中で、私たち皆に共通している幸せの形とは。それは私たち、誰でも自分のやっている事、例えば仕事でも趣味のゴルフでも、それらに対し、自分が上手くなっている、成長している、前に進んでいる事などを実感すると幸せを感じるという事。

 

そして、私たちが前に進むためには欠かせない、一番大事な要素が、’’理由’’です。
仕事であっても、趣味の英語であっても、達成したい目標でも、なんでそれを’’自分のため’’にするべきなのか、したいのか、しなければならないのか、強い理由を自分の中に持っていること。

強い理由は、あなたを突き動かす見えない大きな力なのです。

例えば、日本料理の料理人をしている男性。彼の料理人である理由は、料理をしている事がとにかく大好き。料理をしていると自然と努力もでき、また、料理で他の人を幸せにできる。いつかは有名になり、親孝行したいから。

彼のような強い動機を持つと、日々前に進む事ができるでしょう。

 

強い動機なしではたいして頑張る事も出来ず、中途半端なことをし続け、ただただ時間が過ぎてしまいます。

 

先生や、親、周りの大人にガイダンスをもらえる学生とは違い、一度大人になると全て個々の自己責任。

日々自分が前進しているか、成長しているか自分に問いかける必要があります。

 

ところで、私は学校卒業後、看護師をしばらくしていました。

周りに看護師をしている理由を尋ねると、お金のためとか、みんな周りが脱線せずしっかり働いているからっとか、社会人として働くのが当たり前だし、親にも迷惑かけれないし、社会人の責任を果たすため!

そして、私が看護師をしている理由もまたみんなと同じでした。

逆に看護師が情熱、やっていて楽しいという人珍しかったです。

それは私の周りの看護師だけでなく、別の仕事をしている友達も、仕事をしている理由はただただ、やるべきものだから。っという理由ばかり。

 

社会人として1日の大半を費やしている仕事ですが、ほとんどの人はやっている理由が薄すぎます。そして、それらの理由が自分のために〜したいっという強い動機ではなく、責任がどうなの、周りが〜だから、と自分主体の動機ではなく、他人や社会が動機のベースになっています。

 

このような薄い動機では、あなたは努力を日々する気にもなれないでしょう。

 

 

やる気の出ない仕事を数年やり続け、仕事内容には慣れた。他人から文句を言われない程度に仕事をし、やっているレベルは最低限。日々、特に努力をすることもなく、同じような日々が過ぎていく。心が満たされない日々が過ぎていく。

そんな社会人の人たちをたくさん見てきました。

 

でも、私たち一人一人には成長し、幸せを感じる権利がある。そして、自分の心とつながり、本当に自分の叶えたいことを、形にしていく力も備えています。

 

そんな強い動機を持ち、自分にふさわしい日々を送るにはどうしたらよいのでしょう。私のブログで伝えていきます。

あなたは日々自分が少しでも前に進んでいる、成長している実感はありますか?
今の自分に満足ですか?

 

 

-Blog

Copyright© やる気がない大人のためのライフコーチ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.