Blog

喉仏止まり

投稿日:

この頃、喉仏でブロックがすぐかかる。

アメリカ人2人、と私で話している最中。 私も自分の意見あるのに、ついつい彼らの会話に入っていくことができない。

英語は昔から大好きで、やってきたかかいもあり、
全然、彼らが早く話しているわけでもなく。言っている意味がちんぷんかんぷんなわけども無いのに。

自分の意見を言おう、言おうと思っていても、いざそのタイミングになると、自分の頭がぐっと自分を止めてしまい、 やはり機会を逃してしまう。

そして、しゃべっている相手は、やはり会話のドッジボールが出来る人たちがメインになるわけで。

私の存在はそこにあるのに、彼らの目線はあまり私には向かない。

そして感じる疎外感。

まるで自分がそこにいても、いなくても一緒のような孤立感。

 

会話中に彼らの目線が自分に向かないと、心にとても重石が乗ったように、辛い疎外感を感じる。

そして思うのでだ。人に価値を与えたい人間になるのに、これではな。

 

これは、アメリカに来たからはじまったことではない。

私には昔からそんな傾向があった。

今まで習ってきた心理学、セルフヘルプの知識を考えると。

私たちのがする事全てには理由があるという。

なんだかの、自分に利益のある自己のニーズを満たしているという。

一件自分がやっている事が、マイナスの自分を破壊する行動に思えても、その行動にさえ自分にプラスになるよう、ニーズを満たそうという考えが無意識に働いているという。

 

私の発言が止まってしまう行動。

これはどんなニーズを一体満たそうとしているのであろう。

 

私が思うに、人の集中が自分に集まることに恐怖を覚えているのかもしれない。
中学の時、いじめっ子の男子に存在を気づかれないように、息さえ潜めようとしていたことを覚えている。

人の注目を集める=無意識のうちに、痛みと自分の中で結びつけているのかな。

 

 

-Blog

Copyright© やるきが出ない大人のライフコーチング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.