アメリカよりライフコーチリタが届ける:弱い理由/動機 アイデンティティー編

たくさんの大人の「理由/動機」が弱いのは、仕事だけではありません。

自分の存在でさえ、今の自分が何でそんな自分なのか、その「理由/動機」が弱い大人がたくさんいます。

 

急ですがあなたに質問です。

あなたは自分自身を見て、どういう人間だと思いますか?

あなたがこの世に存在している意義は何ですか?

この世であなたにしか出来ない事、あなたにしかない特別な能力は何ですか?

生きている間に、何をこの世のためにしたいですか?

あなたの軸を問うようなこの質問。
答えるにに、とても苦労する大人がたくさんいます。

 

それは、自分が今の自分である「理由」が弱いから。

 

ではどうしてこのようなことが起きるのでしょうか?

 

それは、集団意識の強い日本社会の中で生き、あなたが周りの期待に応えようとしているから。

集団意識とは「ある集団に共に帰属しているという自覚的意識」
のこと。人と、違うことをやり目立つのでは無く、一緒のことをし、流れを乱さないっということです。

そしてそんな社会で生活しているあなたには、周囲からこんな大人になるべきだっという強い、期待がかかります。周囲とは、例えばメディアを始め、友人、親、知り合いなどです。

大人の女性は、仕事を責任を持ち、こなし、外見は綺麗にすること。自分に厳しく、人には優しくすること。愛嬌を持っていること。

大人の男性は、仕事を責任を持ちこなし、将来を考え昇進をすること。外見はカッコよく、スポーツができること。爽やかであること。

このような期待、責任感がかかる中で、日本社会の中で、これらの期待や責任感を満たすのが、当たり前のように重圧がかかります。
何でもこなせる魅力的な理想像、その重圧が日本の大人にはかかっているのです。

周りがそうだから、やることが当たり前とされているから。他の人から白い目で見られたくないから。

そんな理由で、毎日 現実味のない期待/責任に答えるのに大忙しです。その理想像を追う理由も自分の中で理解できていないまま、動機付けできていないまま。

ただただ、理由もなく、理想を追うだけでは、ガソリンが燃え尽きる車のように、まるでヤカンが、コンロの中で空だきされているようになってしまい、日々頑張って忙しく、理想像を追っているのに結局何でそれをやっているのか強い動機もなく、心は満たず、疲れ果ててしまいます。

 

 

018 アメリカからライフコーチ都が届ける 世界の言葉:意識の焦点

ネガティブな考えはあなたが日々前に進む役には立ちません。

世界の著名人の言葉の意味をライフコーチ、都が読み解き、

みなさんの心がぽっと暖かく、ポジティブに考えられるようになるエピソードを毎週お届けします。

今日のQuote:

Where focus goes, energy flows.

Tony Robbins

あなたが意識を集中するところに
エネルギーが流れる。

トニーロビンス

アメリカよりライフコーチ、リタが届ける:意識の焦点の力

 

あなたは、1日の大半何を考え過ごしていますか?

ある人は自分が日々どんなに幸福で、生きていられるかを良く考えます。周囲に自分が何を感謝しているのか、考えて生きています。

別のある人は、日々、自分がどんなに不幸なのか、恵まれていなのかを良く考えます。周りの人が、どう信用できないか、不親切かを考えて生きています。

この毎日、何に自分の意識のほこさきを当てているか、意識を集中させているか。あなたの日々の満足度、日々の質を決める唯一の要因です。

それは、あなたが何でも意識することは、あなたの中に感情を起こすからです。例えば、あなたが、みんな私のことなんか気にかけてくれないと意識を集中すれば、あなたは寂しく悲しくかんじるでしょう。そして、過去に皆が自分に関心を示さなかったと感じたイベントばかり考えるでしょう。

逆にみんな私の事気にかけてくれているしみんなに感謝だな、と意識を集中すればあなたはプラスな力強い感情をかんじるでしょう。そして、他人が親切にしてくれたエピソード、他人に救われたエピソードなどを考えるでしょう。

Whatever you focus on, you feel whether it’s true or not. あなたが意識を集中する事は、あなたは心で感じるのです。

そして、何に日々意識を集中するか。それをあなたは自分の意思で決める事が出来るのです。

あなたは日々、何に意識のほこさきを向け過ごしていますか?

アメリカよりライフコーチ、リタが届ける:止まった大人の特徴 1

幸せは、あなたが日々取り組んでいる事で、あなた自身の成長、前進を実感することで感じます。もちろん、その逆で、あなたが日々、前に進んでいる事を実感しなかったら心は全く満たされないでしょう。

前に進んでいない大人に見られる特徴が幾つかあります。

感情が鈍る

子供の頃は、見るもの、体験するもの全てに強い感情を感じていたが、大人になるにつれて特に、プラスのものに対しての感情が鈍ってきている。

・綺麗なものを見ても、感動できない。
・何事に対してもワクワクしない。
・おかしい事を見ても笑えない。
・幸せと感じない。
・人に対して親近感を感じない。
・何事にも満足しない。
・人に心から感謝する事ができない。

 

人と比べ落ち込む

自分のやっている事を他人と比べ、自分が劣って感じる。

・仕事内容で他人のがいつも、仕事ができているように感じる。
・他人の外見の方がいつもよく見える・・・など

(比べる内容は沢山ありますが、内容に関わらず常に自分が劣っているように感じる事に特徴があります。)

 

努力をするが長続きしない

今の自分の状態に我慢できず、努力をし改善しようとするが長続きしない。
そして何回かトライをしようとするが、何回やってもやはり長続きしない。

自分を責める

できない自分、努力ができない自分と独自で自分を評価し、頻回に自分を心の中で責める。

自信がない

自分のやっている事にまったく自信が持てない。

自分の存在意義がわからない

自分が1日の大半を費やしている事を、(仕事や勉強など)なんでやっているのか分からない。

 

自分の能力が使えていない気がする

自分には得意な事や好きな事があるのに、それを現在まったくできている気がしない。

それなりに日々をこなしているが、心がまったく満たされない。

 

ネガティブ思考
1日の大半、ネガティブな事ばかり考えてしまう。

 

以上、足踏みしている人の特徴をお伝えしました。

 

あなたに当てはまるものはありましたか?

このような特徴があると、あなたのエネルガギーは沢山消費され、前に進む力がとても弱くなってしまいます。

 

1つでも当てはまるのであれば、1度立ち止まることも大切です。

017 アメリカからライフコーチ都が届ける 世界の言葉:決断が行き先を変える

ネガティブな考えはあなたが日々前に進む役には立ちません。

世界の著名人の言葉の意味をライフコーチ、都が読み解き、

みなさんの心がぽっと暖かく、ポジティブに考えられるようになるエピソードを毎週お届けします。

今日のQuote:
Decisions determines destiny.
Jim Rohn

決断が行き先を決める。
ジム ローン

アメリカよりライフコーチ、リタが届ける:弱い理由/動機 仕事編

幸せは自分が取り組んでいる事が、上手くできるようになった時や、自分が成長をしていると実感することで得られます。

でも多くの大人は、前進するはおろか、足踏みをして毎日停滞した時を過ごしています。そして、多くの方がどうして私はこんななんだろうと自信をなくしていたり、ストレスで疲れてしまったり。心が満たされず過ごしています。

大人の1日の大半を占める、仕事。仕事で、まさに上記の悩みを感じている大人の多さには驚からされます。

 

どうして多くの人が、このように過ごしているのでしょうか?
そこには幾つかの理由があります。

1.社会の流れ

皆学校で勉強を頑張れば、良い仕事(教養があり、高収入など)に就くことができ、幸せになれると昔から教わっている。ほとんどの人はその通り、頑張って勉強をし、世間的に見て妥当な仕事に就く。

 

2.周りの期待

ほとんどの人は一生懸命他人や、社会の期待に応えようと頑張る。

例えば、身内からの安定した職について欲しいという期待や、社会からの、大人は社会人の責任を果たすべきという期待など。

みんな周りがそうだから

大多数の人が、周りの流れに合わせ、自分が真に何をやりたいかわからないまま職に就く。そして自分に仕事が合わないと思ってもまた、周りに合わせ、そのまま仕事をやり続ける。

 

多くの人が自分の人生を自分で描いていると思っていますが、実は、周りや他人に多大な影響を受け、他人、周囲から描かれた人生を過ごしています。

 

そして、多くの人は自分にとって真に心が惹きつけられたり思い入れがある事をするのではなく、自分の心がない事をして1日の大半を過ごしています。

そして私たちはふと思うのです。何で私の毎日、停滞しているんだろうっと?私は不幸せなんだろうっと。

アメリカよりライフコーチ、リタが届ける:弱い理由/動機

 

みんな幸せについて、いろいろな意見、定義を持っている中で、私たち皆に共通している幸せの形とは。それは私たち、誰でも自分のやっている事、例えば仕事でも趣味のゴルフでも、それらに対し、自分が上手くなっている、成長している、前に進んでいる事などを実感すると幸せを感じるという事。

 

そして、私たちが前に進むためには欠かせない、一番大事な要素が、’’理由’’です。
仕事であっても、趣味の英語であっても、達成したい目標でも、なんでそれを’’自分のため’’にするべきなのか、したいのか、しなければならないのか、強い理由を自分の中に持っていること。

強い理由は、あなたを突き動かす見えない大きな力なのです。

例えば、日本料理の料理人をしている男性。彼の料理人である理由は、料理をしている事がとにかく大好き。料理をしていると自然と努力もでき、また、料理で他の人を幸せにできる。いつかは有名になり、親孝行したいから。

彼のような強い動機を持つと、日々前に進む事ができるでしょう。

 

強い動機なしではたいして頑張る事も出来ず、中途半端なことをし続け、ただただ時間が過ぎてしまいます。

 

先生や、親、周りの大人にガイダンスをもらえる学生とは違い、一度大人になると全て個々の自己責任。

日々自分が前進しているか、成長しているか自分に問いかける必要があります。

 

ところで、私は学校卒業後、看護師をしばらくしていました。

周りに看護師をしている理由を尋ねると、お金のためとか、みんな周りが脱線せずしっかり働いているからっとか、社会人として働くのが当たり前だし、親にも迷惑かけれないし、社会人の責任を果たすため!

そして、私が看護師をしている理由もまたみんなと同じでした。

逆に看護師が情熱、やっていて楽しいという人珍しかったです。

それは私の周りの看護師だけでなく、別の仕事をしている友達も、仕事をしている理由はただただ、やるべきものだから。っという理由ばかり。

 

社会人として1日の大半を費やしている仕事ですが、ほとんどの人はやっている理由が薄すぎます。そして、それらの理由が自分のために〜したいっという強い動機ではなく、責任がどうなの、周りが〜だから、と自分主体の動機ではなく、他人や社会が動機のベースになっています。

 

このような薄い動機では、あなたは努力を日々する気にもなれないでしょう。

 

 

やる気の出ない仕事を数年やり続け、仕事内容には慣れた。他人から文句を言われない程度に仕事をし、やっているレベルは最低限。日々、特に努力をすることもなく、同じような日々が過ぎていく。心が満たされない日々が過ぎていく。

そんな社会人の人たちをたくさん見てきました。

 

でも、私たち一人一人には成長し、幸せを感じる権利がある。そして、自分の心とつながり、本当に自分の叶えたいことを、形にしていく力も備えています。

 

そんな強い動機を持ち、自分にふさわしい日々を送るにはどうしたらよいのでしょう。私のブログで伝えていきます。

あなたは日々自分が少しでも前に進んでいる、成長している実感はありますか?
今の自分に満足ですか?

 

 

USA よりライフコーチ、リタが届ける:幸せを今感じる力  

幸せを今感じる力

サンフランシスコの街を歩いていて、ある言葉に出会ったことをお話しします。海辺の通りで偶然見つけた素敵なレストランのメニューボードに書いてあった言葉。

 

 

happiness is here and now
幸せはここに今ある。

シンプルな言葉ですが、はっとさせられます。

私たちは、皆目標や、やりたいことに日々意識を向けて生活しています。そして思うのです。これを達成したら幸せになれる、こんな私になったらきっと幸せになれる・・など。

そう、まるで幸せが、あのかの有名な歌 Over the rainbow 🌈 虹の向こうにあるかのように。

私たちがそう考えるのはごく自然なこと。それは日本で育った私達は
辛くても歯を食いしばり、頑張ればいつか幸せになれると教わってきているからです。

例えば、学校で勉強を頑張れば良い仕事を得て幸せになれる。
仕事に就けば着くで、苦しくても社会人としての責任を果たせばいつかは成功し幸せになれるなど。
日本で生まれ育っている私たち。「今に幸せを感じる力」がどうして弱いように感じます。

 

ですが、最近になり医学的にも今に幸せを感じる重要性がわかり出してきているようです。
ハーバード大学卒業、幸せの研究で有名なShawn Achor ショーン エイカー

彼は日本の幸せ、成功の考え方に、アラーム音を鳴らしています。

成功してから幸せを感じようと頑張るのではんく、幸せを今この時に感じることこそ、成功する鍵だと。今に幸せを感じる力を養うと、生産性が想像以上に向上し、なんでも成功する確率も上がるそう。

今が幸せだから、本当に頑張る能力もパワーも出てくる。

歯を食いしばり頑張った先に幸せがるっといった日本の考えとは真逆と言って良いこのアイディア彼の研究で、有効性が実証されています。

みなさんがもし何かを目指し、日々辛くて、ただただ苦しみしか感じていなかったら、一度立ち止まるのも良いかもしれません。

 

今あるものにいかに感謝し、幸せに思えるか。幸せを今感じる力。
そこを意識して自分い日々問いかけるだけでも、周りの幸せ、恵まれていることに気づき、幸せの土台を力強くすることができます。

あなたは今現在、幸せですか?何に感謝ですか?

それではまた次回
Let’s become our best self.

アメリカよりライフコーチ、リタが届ける:あなたの幸せとは? 

What is happiness?  幸せってあなたにとってなんですか?

こんにちは♬♬ サンフランシスコでライフコーチとして活動している都です!

皆さんは『幸せ』どう説明しますか?

もちろん、皆さん、幸せに対して色々な意見を持っています。
料理を作り、人に喜ばれる時に幸せを感じるっという人もいれば、ゲームでメインキャラクターが色々なスキルを使えるようになっていくことに時幸せを感じるっという人もいます。登山で高い山に到達した時に最高に幸せを感じるっという人も。

 

そんな中で1つ私達、全員に共通していることがあります。それは、自分のやっていること、ここでは、料理、ゲーム、登山ですが、それらに対して、自分が前に進んでいる、上手にできるようになっているというように成長を感じる時、私たちは誰でも幸せ感を感じるということです。

 

それは人は生まれてから、死を迎えるまで、成長する生き物だからです。
もしあなたが、日々自分の成長を全く実感できなかったとすると、まるで心の中は生きていないような感覚を覚えるでしょう。

 

成長、前進 = 幸せなんですね ♡

 

ところで、私達は幸せでいること がとても大事です。どうしてでしょう?
2つ理由があります。

何より一番に、あなたは毎日幸せでいる、権利、価値がある存在だからです。
ストレスフルでなんだか虚しい、悲しい人生はあなたに値している人生ではありません。人生は、悲しい感情を感じて生きるには短すぎるのではないでしょうか。

そして自分が幸せだと、他の人のことを真に気にかけることができるからです。助けが必要な人に、心から手を差し伸べることが出来るのです。
逆に自分が不幸せだと、心が満たされず、どうしても自分の満たされないものについてばかり考えてしまいます。

私たちの1日の大半は仕事、育児、恋愛関係、介護など、何らかに占められています。
それらに自分の時間が費やされ、自分の意識の焦点も向いています。
その日々の繰り返される活動に、皆さんは、日々、立ち止まらず、前に進むことができてますか?幸せを感じていますか?

もしあなたが、前に進んでいなかったら、
時間だけどんどん過ぎてしまう。心から満たされないまま、年だけ取ってしまう。

 

それではまた次回
Let’s become our best self.

Profile

小林 都

ニックネーム:リタ

・前職
元看護師 ニュージーランドの看護資格、アメリカの病院で働いた経験を持つ。

・英語資格
TOEIC満点 IELTS 全てのセクション7〜8(TOEFL iBT 110点相当)

・コーチング資格
マスターユニバーシティコース完了
ブレイクスルーコーチングトレーニング完了


最愛なる父親が、仕事からくる過度のストレスによりメンタルブレイクダウンを数回起こすところを目のあたりにする。
その事がきっかけで、社会の歯車の下、身を粉にして仕事をしている人と、自分独自の能力を開花し、幸せに結果を築いている人との違いに強い興味を持つ。


2015 年、世界No1 ライフコーチとして知られるTony Robbins に出会う。(彼はアメリカ大統領、NBAプレイヤーなど世界の著名人をコーチングしている事で有名である。)そして、情熱的に真に成長し前進する人生を歩むには、他人や社会に影響されず、自分で描くゴールに向かって前進する重要性を学ぶ。

2016 年、看護師を辞めアメリカ、フロリダ州へ単身移住。Tony Robbins よりコーチングのスキルを学ぶ。現在はアメリカ、サンフランシスコで世界中のクライエント相手に、コーチングビジネスを展開している。またオンライン英会話講師としても活躍している。

その他、トータルダウンロード5000を超えるポッドキャストを毎週配信している。