Motivation Coach

やるきが出ない理由:    クリエイターから消費者へ

更新日:

 

 

多くの大人が仕事がやる気にならない1つ

の原因。それは彼らがクリエーターから消

費者になったことが挙げられます。

 

1. 誰でも子供の頃はクリエイター

大人は誰でも、

子供の頃はクリエーターでした。

 

子供の頃は自分が欲しいもの、なりたいも

は作り出していました。

 

  • お母さんの一番高いイヤリング

  をして、人気モデルになってみたり。

  • 大きなお屋敷が欲しくて、

  土で巨大なお城を作ったり。

  • 長い髪の毛が欲しいから、頭にゴム

  でタオルを結びつけてみたり。

  • テッシュペーパーを切り裂き、巨

  大な海を作りその中で泳いだり。

 

自分が欲しいのもの、なりたいものは、

土や粘土、タオルなど自分の手に入

ものを駆使し、なんでも作り出していた。

 

そして、あの時の感情、止まらないワクワ

ク感、楽しさ、嬉しさは大人になっても、

遠い記憶にとどめている人が多いでしょう。

 

2.  クリエイターから消費者へ

日本の社会の中、子供から大人に成長する

過程で、ほとんどの人はクリエーターから

消費者に変身していきます。

 

  • それは、大人になるにつれ、自分が

  欲しいものをいかに作り出す事を気に

  するかより、他人や社会から何が自分

  に期待されているかに重点を置くよう

  になるため。

 

  • 現在存在していない、自分の欲しい

  ものを作り上げる未知の冒険を選ぶよ

  り、安定を選ぶようになるため。

 

  • この社会の中で、どう自分を養い、

  大切な人に金銭的なふじゅうをかけな

  いかに重点を置くようになるため。

 

子供から大人へ。

 

クリエーターから、消費者へ。

 

いつの間にかなっていく。

3. クリエイター = 子供の特権?

そして、消費者になった自分は、かつて、

子供だった時に感じていた最高のワクワク

した感情を、まるで子供の特権とでも言う

ように、懐かしく振り返り、恋しく思う。

 

でも実は、その何にも代えがたい子供の時

に感じていた幸せは、あなたが自分が欲し

いものを作り出すクリエイティビティから

溢れ出しているもの。

 

それは子供の特権ではなく大人になっても

一緒なのです。

 

消費者でいる事に慣れているあなたの中

に、クリエイターが眠っていいます。

あなたはどうやって自分のクリエイター

呼び起こしますか。

-Motivation Coach

Copyright© やるきが出ない大人のライフコーチング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.